委員会・地区支部活動

委員会活動について

職能委員会

職能の抱える問題を明らかにし、それらの問題を解決するために活動をしています。

委員会 3年度活動目的 3年度活動内容
保健師職能委員会
調査報告書
令和2年度 保健師の看護協会入会に対する意識調査
  • 保健師の資質の向上により専門性を発揮する
  • 会員の拡大を図り、保健師間のネットワークの強化を目指す
  • 委員会と県事業との連携、協働により職能としての活動強化を図る
  1. 定例会(月1回程度)
  2. 職能交流会(年1回)開催日未定
  3. 「かのこ」発行(年1~2回)
  4. 看護協会入会勧奨のチラシ作成、発行
  5. 県の人材育成事業への協力
助産師職能委員会
  • 安全・安心・快適な出産環境の体制整備の推進と災害対応能力の向上
  • 子育て世代包括ケアシステムにおける看護機能の強化
  1. 定例会(月1回)
  2. CLoCMiP®必須研修:妊娠期・代謝(5月22日)
  3. 周産期看護職者職能集会 実践報告会(助産関連事業)(11月13日)
  4. CLoCMiP®必須研修:災害時対応(令和4年2月19日)
  5. 近畿地区助産師合同研修会(12月11日)兵庫県
  6. 看護の日:安心安全な子育ての普及促進
  7. 県下助産師に向けたホームページを活用した情報共有・広報
看護師職能Ⅰ委員会
  • 地域包括ケアシステム事業に関する調査から得られた結果をもとに課題を明確にし、地域包括ケアシステム推進・強化に向けた課題への取り組み
  • 看護師職能Ⅱ委員会との交流会を通じて地域包括ケアシステムの課題を共有し地域との連携を図る
  • 病院から地域で継続して行われる看護に必要な情報を有効活用するための看護情報提供書の取り組み
  1. 定例委員会活動(12回)及び協会事業、地区支部活動への協力
  2. 全国、地区別看護師職能Ⅰ委員長会議への参加による情報収集と共有
  3. 地域包括ケアシステムにおける病院、福祉関連施設、在宅等の連携強化に関する情報収集
    1)実態調査の結果を踏まえ、明確となった課題の取り組みについて検討する
    ・看護師職能Ⅰ・Ⅱ集会・交流会を開催し多職種との連携を深める
    2)情報共有に関する課題に対しての取り組み
    ・現行看護サマリーを看護情報提供書として活用するために、交流会を通して情報共有の在り方について検討する
    ・日本看護協会が取り組む看護情報提供書の診療報酬算定に向けて、書式及び情報を整備する
看護師職能Ⅱ委員会
  • 職能委員会の開催(定例会及び臨時委員会)
  • 地域包括ケア推進を目的として看護管理者・看護師・他職種の連携機能強化と能力の強化
    1)職能Ⅱ領域の看護職員の研修参加推進
    2)他団体との連携
  1. 定例会(月1回)
  2. 職能Ⅰ領域との合同交流会の開催
    1)日頃関わりのあるところから発信
    地域での違いを委員会の中で集約する
    指導者養成研修に参加し研修を企画
    2)南和地区として連絡会を行う

常任委員会

会長からの諮問事項を受け、活動しています。

委員会 3年度活動目的 3年度活動内容
推薦委員会 定款・定款細則・内規に基づき、奈良県看護協会の運営及び事業活動を理解し、その任務を担い得る適正な人を推薦する。
  1. 令和4年度改選を要する役員(専務理事及び常任理事を除く)と各委員会(推薦委員会、常任委員会、特別委員会、地区支部)委員の推薦を行う
  2. 令和5年度日本看護協会通常総会の代議員・予備代議員の公募及び推薦を行う
選挙管理委員会 役員、推薦委員並びに日本看護協会代議員及び予備代議員の選出に際して、選挙が公明かつ適正に行われること
  1. 選挙に関する公示(4ヶ月前まで)
  2. 立候補者の届出受理(3ヶ月前まで(代議員及び予備代議員は60日前まで))
  3. 推薦委員会からの推薦候補者名簿の受理(2ヶ月前まで(代議員及び予備代議員は60日前まで))
  4. 立候補者及び推薦候補者の公示(2週間前まで)
  5. 投開票等の選挙に関する事務の管理(選挙日)
看護労働環境改善推進
委員会
  • 職場でのハラスメント対策を効果的に行う
  • 生涯にわたり安心して働き続けられる職場環境を構築する
  1. 「患者ハラスメント対策について」具体的対応法や回避方法・身近な事例・グループ討議(11/11予定)
  2. 看護職負担軽減のための業務改善についてのアンケート 対象:病院
教育企画・運営委員会
  • 奈良県看護協会継続教育の方向性を提示し、先駆的な知識・技術を提供できるための支援・教育計画作成と評価を行う。
  • 令和3年度教育計画に沿って研修会の運営及び評価を行い、学習効果がえられるように支援する
  1. 令和4年度教育計画の検討
  2. 令和3年度教育研修の評価
  3. 令和3年度教育研修の運営、評価
奈良県看護学会委員会 看護職の実践に根ざした学術研究を発表し、その成果や課題を共有することで看護の発展と看護の質向上を図る
  1. 奈良県看護学会の企画・運営・評価
    • 定例会8回
    • 学会開催方法・特別講演の講師の検討
    • 査読の実施・演題決定
    • 学会開催の準備と学会の運営
    • 次年度の学会テーマ、特別講演及びシンポジウムの検討
  2. その他委員会の目的達成に必要な事項
広報出版委員会 時勢を踏まえ、重要かつ必要な最新情報を「看護なら」の発行を通し、会員に提供する。又、会員のニーズを常に意識し、要望に応える紙面作りに努める。同時に機関紙として内容充実を図り、読みやすさと目を引く紙面を目指す
  1. 取材活動
    ・看護の日
    ・通常総会
    ・防災訓練
    ・奈良県看護学会
    ・その他研修講習会、職能集会・交流会
  2. 広報誌「看護なら」(7月・11月・3月発刊)
業務委員会
調査報告書
平成24年度 中堅看護師教育の現状について
看護現場で身体拘束に関する課題への取り組みを行い、安全に不要な抑制を減らす
  1. 身体拘束の実態調査に基づた結果を分析・考察を行う
  2. アンケート調査を会員に情報提供する
  3. 現状調査
    急性期・慢性期・回復期の施設を選定し訪問調査
  4. 訪問調査結果を「看護なら」へ掲載
医療安全検討委員会
  • 医療と介護安全の質向上のため、安全管理活動を支援する
  1. 奈良県看護協会を窓口として医療・介護安全管理者向け相談システムの円滑な運用と推進
    ・相談窓口および相談内容について周知するための広報
    ・相談内容や件数の把握
    ・相談窓口フローにそって相談事業が円滑に遂行できているか、PCDAサイクルを回す
    ・必要に応じてリモートまたは出前相談を実施
  2. 継続事業
    ・医療安全情報のホームページ掲載
    ・日本看護協会が2018年度から実施している「カリウム製剤投与間違い撲滅キャンペーン」(ポスターの配布、ホームページでの注意喚起)
    ・教育事業部計画「2021年度日本看護協会主催医療安全管理者養成研修」集合研修サポート(11/11)演習支援者1名、他
規約委員会 公益社団法人に適応した諸規程の見直しを行う 諸規程の見直し
災害看護委員会
  • 災害支援ナースの育成と登録促進をする
  • 災害支援ナースの活動のための体制整備
  1. 災害支援ナースの育成と登録促進をする
    ・災害看護基礎研修の開催
    ・災害支援ナースの指導者研修への参加<>br ・災害支援ナーススキルアップ研修の企画・運営
    ・奈良県総合防災訓練への参加・訓練内容の企画
  2. 災害支援ナース活動のための体制整備
    ・災害支援ナース活動マニュアルの見直し
    ・近畿地区看護協会との連携
    ・病院管理者との連携
    ・日本看護協会との連携
    ・行政との連携

特別委員会

会長からの諮問事項を受け、活動しています。

委員会 令和3年度活動目的 令和3年度活動内容
認定看護管理者教育
運営委員会
認定看護管理者教育課程ファーストベルおよびセカンドレベルにおける教育課程の編成・企画・運営・評価に参与し、科目修了証明・教育課程修了証明に関する審議を行う
  1. 令和3年度認定看護管理者教育課程ファーストベルの運営(分散型・週末型)
    ・受講者選考
    ・科目修了判定
    ・演習支援
  2. 令和2年度認定看護管理者教育課程セカンドレベルのフォローアップ研修
    実践報告会支援
  3. 次年度認定看護管理者教育課程ファースト・セカンドレベル研修の検討
    カリキュラム、講師について
  4. その他委員会の目的達成に必要な事項
倫理審査委員会 所属施設に倫理委員会を持たない会員及び当協会の委員会等が実施する看護研究における倫理的配慮に関して審査する
  1. 研究の対象となる個人の倫理的配慮の妥当性の審査
  2. 研究および調査の対象となる個人に理解を求め同意を取る方法の妥当性の審査
准看護師スキルアップ支援チーム
  • 准看護師のスキルアップ支援のための研修会・交流会を開催する
  • 准看護師の抱えている問題やニーズを把握し改善の方向性を見出す
  1. 准看護師交流会の開催
  2. 令和4年1/28(金)

地区支部活動について

県内には、5つの支部があり活動をしています。

支部名 該当地域
奈 良 奈良市
東 和 天理市、桜井市、宇陀市、山添村、川西町、三宅町、田原本町、曽爾村、御杖村
西 和 大和郡山市、生駒市、平群町、三郷町、斑鳩町、安堵町、上牧町、王寺町、河合町
中 和 大和高田市、橿原市、御所市、香芝市、葛城市、高取町、明日香村、広陵町
南 和 五條市、吉野町、大淀町、下市町、黒滝村、天川村、野迫川村、十津川村、下北山村、上北山村、川上村、東吉野村
支部 令和3年度活動目的 令和3年度活動内容
奈良地区
  • リモートで効率的情報共有を図り、連携強化体制の基盤を構築する
  • 連携強化により看護職員の感染対策のみならず、学校との協働体制も構築する
  1. 奈良支部下の開業医(クリニック含む)医療施設のコロナ対策の現状調査と困りごとの調査で現状把握
  2. コロナ対策の共有(Web会議)
  3. 感染対策強化が認められた施設として、学生の実習の受け入れも検討する
  4. 地区支部会(年3回)
東和地区
  • 介護施設の現状を把握し、介護職との相互理解を深める
  • ケアの質向上に向けた支援を行い、知識を習得する機会とする
  1. 地区支部委員会(月1回)
  2. 地区支部交流会(7/3)
西和地区 西和地区支部の看護機能連携に対する取り組みの現状を知り、課題の共有と連携の強化を図る
  1. 地区支部委員会(月1回)
  2. 西和地区交流会(7/3)
中和地区
調査報告書
令和2年度 新型コロナウイルス感染症に関して経験された看護上の問題と対策
  • 地区支部における看護・介護職の交流を図り連携を強化する
  • 地域における切れ目のない看護を提供する
  1. 地区支部委員会(月1回)
  2. 中和地区連携会議(9/24、令和4年2/25)
  3. 中和地区交流会(11/26)
南和地区
  • 南和地区の特徴を踏まえ、医療介護の連携強化と機能強化をめざす
  • 南奈良総合医療センターで開催される健康フェスティバルに参加し、地域市民の看護への関心を高める
  1. 地区支部委員会(月1回)
  2. 地域における看護・介護職との連携をはかる
    交流会(1回)
    出張研修(3回)
  3. 南奈良総合医療センター「健康フェスティバル」に参加