入会案内

ホーム > 入会案内 ( 会員特典 | 入会手続き方法 )

看護協会に入会するには?

入会資格は?

1 . 看護職の資格をおもちの方(保・助・看・准看)
2 . 奈良県内に就業、又は在住する方

入会案内リーフレット

入会に関する情報が掲載されている「入会案内」をダウンロードいただけます。
     奈良県看護協会「入会案内」

入会案内動画

会員特典

1.研修会への参加

レベル別、目的別でいろいろな研修を用意しており、協会主催の研修には会員料金でに参加できます。
また、日本看護協会主催の研修も同様です。

2.看護学会への参加

学会への参加はもちろん研究の成果が発表できます。
1. 日本看護学会
2. 奈良県看護学会

3.国際大会への参加

国際看護師協会(ICN)が主催する「ICN4年毎大会」、
国際助産師連盟(ICM)が主催する「ICM3年毎大会」へ会員料金で参加できます。
演題発表もできます。

4.看護・医療の最新情報の提供

医療安全対策情報や医療・看護に関する法律や制度の改正など、『今、知りたい』看護の情報をお届けします。

日本看護協会  協会ニュース(月1回送付)
各種ガイドライン・報告書(随時)
奈良県看護協会 広報誌「看護なら」(年3回送付)

5.相談窓口

看護を安心・安全に提供することを目指し、 医療・看護の安全に関する相談窓口を活用することができます。

6.「NNAダイレクト」へのアクセス

奈良県看護協会会員WEBサービスで、平成26年4月14日から運営しており、WEB申込み対象研修の申込みや奈良県看護協会図書室の蔵書検索できます。

7.「キャリナース」へのアクセス

日本看護協会会員専用ページで、日本看護学会(抄録集、論文集)・業務基準・ガイドライン・調査研究報告・総会要綱・職能集会検討資料・国際情報など閲覧できます。また、看護文献データベース 「最新看護索引Web」(日本看護協会図書館編)を無料でご利用でき、文献コピーを取り寄せること(有料)ができます。

8.図書室の利用

詳しくはこちらをご覧ください(⇒ 図書室ご利用について)

9.福利厚生

表彰(各賞候補者)、推薦、弔見舞、身分擁護と支援などを受けることができます。

10.「看護職賠償責任保険制度」への任意加入

医療事故の当事者となった看護職が実際に賠償責任を問われる事態になった場合に対応するための制度です。 協会員だけが加入できます。(開業助産師を除く)

11.スキルアップ&ネットワークづくり

各事業やイベントに参加でき、看護者としてのスキルアップが図れます。
職能集会や委員会、イベントなどは、他の病院・施設の看護職と交流できます。

12.施設の利用

研修センターには、研修室・会議室があり、研修会や勉強会に会員料金で利用できます。

 

ページトップへ戻る

入会手続きについて

①日本看護協会と奈良県看護協会の同時入会となります。
②入会申込書は、
  【施設会員】所属施設で入会申込書をお受け取り下さい。
  【個人会員】奈良県看護協会までご請求下さい。
③必要事項を記入し、「会員登録事務局」(東京)に送付して下さい。

入会申込書送付先
〒206−8790 日本郵便株式会社 多摩郵便局 私書箱第21号
公益社団法人日本看護協会・都道府県看護協会 会員登録事務局宛

会費について

奈良県看護協会に初めて入会される方は新入会費が必要です。

新入会費10,000円 年会費14,500円
奈良県看護協会費 9,500円
日本看護協会費  5,000円
県内で居住
又は勤務
初めて入会の場合
前年度から継続入会 ×
再入会
(S59年度以降入会の場合のみ)
×
他府県より 当該年度、他府県協会に
入会していない
当該年度、他府県協会に
入会済み

奈良県看護協会費のうち
3,500円を免除

会費納入方法

【施設会員】口座振替又は施設取りまとめ
※施設取りまとめは、施設の担当者が会費をまとめて銀行振込して頂けます。
施設により納入方法が異なりますので、担当者にご確認ください。
【個人会員】口座振替、銀行振込、コンビニ収納から選択
(注)銀行振込、コンビニ収納の場合は、手数料のご負担をお願いします。

有効期間は?

有効期間は年度末(3月31日)までです。
年度ごとに更新手続き・会費の納入が必要となります。

登録内容の変更方法

日本看護協会会員専用ページ「キャリナース」からご依頼頂くか、会員おひとりおひとりにお送りした「Member's Handbook」(会員ハンドブック)の巻末に、『諸変更届』があります。ミシン目から切り取り、FAXもしくは郵送にてお送り下さい。

 

ページトップへ戻る