教育・研修

ホーム > 教育・研修 > 教育計画

教育計画

教育理念

個々の看護職が専門職業人として、どんな時も人々の生命を尊重し人としての尊厳と人権を守り、
社会のニーズに対応した、安全・安心で信頼のおける医療・看護を提供するために、それぞれの
自己啓発とキャリア開発を支援し継続教育の推進に努める。

教育目的

1.社会のニーズに対応できる看護実践能力の向上を図る。
2.自ら責任において継続教育に参加し、専門職業人としての倫理的責任を養う。

会員ダイレクト 会員ダイレクト 会員ダイレクト

教育目標

1.新しい知識や技術を習得し、看護実践能力を向上させる。
2.看護におけるマネジメント能力の開発を図る。
3.看護の実践に活用できる研究的視点や能力を養う。
4.専門職として感性を養い、安全で安心できる看護を提供するための能力を養う。

教育方針

目的実現に資する看護専門職業人としてのキャリア開発支援を推進する。
平成24年に日本看護協会が公表した「継続教育の基準ver.2」を基盤とし、
6つの枠組みで構成しました。

Ⅰ.新人教育
Ⅱ.ジェネラリストを育成する教育
Ⅲ.教育者・研究者を育成する教育
Ⅳ.管理者を育成する教育
Ⅴ.看護学会
Ⅵ.委員会活動と連動させた教育

教育の全体像と学習段階設定

研修プログラムにおいては、日本看護協会が平成17年度より提示している「専門職業人として看護職に必要な能力の全体像」を基本にしている。【表1】
研修のねらいは、主な内容、応募要件は、受講者の看護実践能力に応じており、本年度より各研修プログラムには、Ⅰ~Ⅳの学習段階設定を設けた。【表2】
【表1、表2】


ページトップへ戻る